サプライチェーンにおけるデータ分析

サプライチェーン業界は、調達、在庫、注文、倉庫、輸送管理などの実行システムから大量のデータを生成します。サプライチェーン分析は、すべてのデータを理解して将来の需要を正確に予測し、ビジネス プランを適切に立てるのに役立ちます。これにより、アナリストはサプライチェーンを深く掘り下げてパターンを明らかにし、より状況に応じたインテリジェンスにつながる洞察を生成できます。

デモを申し込む 無料トライアル
サプライ チェーンに組み込まれた分析 KPI、ツリー マップ、棒グラフReveal
分析の概要図Reveal

サプライチェーンにおけるデータ分析の重要性

サプライチェーンにおけるデータ分析は、あらゆる業界の組織が、品質、納期、カスタマー エクスペリエンス、そして最終的には収益性に影響を与える可能性がある事業運営について、よりスマートかつ迅速に、そして最も重要なことに、データに基づいた意思決定を行うのに役立ちます。企業がサプライチェーン分析をより適切に実行すればするほど、顧客とそのニーズをより深く理解できるようになります。

サプライチェーンにおけるデータ分析の 4 つの利点

注文管理の改善

注文に関するリアルタイムの実用的な洞察により、注文管理サイクル全体を改善し、顧客との関係を強化できます。たとえば、分析により、企業は最適な在庫レベルを維持し、すべての顧客の注文を時間通りに履行して、顧客がロイヤルティを維持し、競争に負けないようにすることができます。

調達の効率化

調達専門家は、会社の全体的な調達支出について正確かつタイムリーかつ実用的な洞察を得ることができ、調達から支払いまでのプロセスを合理化できます。さらに、分析は調達機能の効率を高め、戦略的活動に集中するための余分な時間を確保するのに役立ちます。

コストを削減し、計画の精度を向上させます

サプライ チェーン分析を使用すると、過去のすべての注文データをリアルタイムの市場分析と組み合わせて、人間のサプライ チェーン プランナーよりもはるかに正確で優れた需要予測を作成できます。より正確な需要計画により、顧客の需要を満たしながら、調達への過剰な支出を回避し、コストを抑えることができます。

リスクの特定に役立ちます

分析ソリューションを使用すると、企業はサプライ チェーン全体の傾向とパターンを特定することでリスクを特定し、将来のリスクを予測できます。高度なサプライ チェーン分析は、そのようなリスクを初期段階で特定するのにも役立ち、チームが適切なタイミングで行動し、ビジネスへのリスクの影響を軽減できます。

サプライチェーンにおけるデータ分析の例

サプライ チェーン ダッシュボードは、企業が在庫レベル、倉庫業務、物流、サプライ チェーン KPI を追跡するのに役立つレポート ツールで、専門家が自社のパフォーマンスとどの領域に改善の余地があるかをより深く理解できるようにします。

サプライチェーンタワーのダッシュボードに州ごとの注文サイクルタイム、コスト、出荷情報をReveal

サプライチェーンコントロールタワーのダッシュボード

サプライ チェーン コントロール タワーは、サプライ チェーンのデータと主要なビジネス指標を含むダッシュボードです。これにより、企業は在庫、出荷、コストなどを監視することで、重要な問題をより深く理解し、優先順位を付け、リアルタイムで解決できるようになります。

物流ダッシュボードに出荷コスト、ステータス、在庫回転率の詳細をReveal

物流KPIダッシュボード

物流 KPI ダッシュボードを使用すると、サプライ チェーンの専門家は、輸送プロセス、注文のピッキングと梱包、倉庫業務、およびサプライ チェーン全体の物流管理に関する重要なパフォーマンス指標を監視し、レポートすることができます。

コスト、節約、ROI、予測を含む調達最適化ダッシュボードReveal

調達最適化ダッシュボード

購買マネージャーは、サプライチェーン全体を最初から最後まで非常に集中的かつ包括的に管理する必要があります。調達ダッシュボードを使用すると、購買管理者は、発注サイクル タイム、コンプライアンス率などの調達 KPI を利用して、すべてのプロセスを効率的に追跡できます。

効率性と出荷ステータスをReveal物流ダッシュボード

配信パフォーマンスダッシュボード

物流パフォーマンス ダッシュボードは、どの販売代理店が注文を予定通りに配達しているかを特定し、出荷数を追跡し、販売代理店のルートを管理するのに役立ちます。流通パフォーマンスを明確に把握することで、管理者はより賢明な意思決定を行い、生産性と収益性を向上させることができます。

よくあるご質問

データ分析はサプライチェーン管理でどのように使用されますか?

膨大な量のサプライ チェーン データは構造化されていないため、それを理解するには高度な分析ツールが必要です。データ分析は、データ内の隠れたパターンを抽出して貴重で実用的な洞察を得るために AI と機械学習の使用を促進することにより、サプライ チェーン管理で使用されます。

サプライチェーン分析にはどのような種類がありますか?

サプライ チェーン分析の主なタイプは、記述的、予測的、規範的、および認知的です。在庫管理において、各タイプのデータ分析は異なる役割を果たします。

物流におけるKPIとは何ですか?

物流主要業績評価指標 (KPI) は、企業が物流部門内のパフォーマンスを測定するために使用するパフォーマンス指標です。輸送、商品の配送、倉庫、サプライチェーンの側面に関連するさまざまな測定値を測定できます。

サプライチェーンにおけるKPIとは何ですか?

サプライ チェーンの主要業績評価指標 (KPI) は、企業がさまざまなサプライ チェーン プロセスの有効性と効率を監視し、目標をどのように達成しているかを明らかにするために使用されるパフォーマンス指標です。これらの指標により、在庫回転率、注文精度、在庫速度などの有益な洞察が明らかになります。

組み込み分析がサプライ チェーン データ管理の優れたソリューションであるのはなぜですか?

組み込みの分析ソリューションは、サプライ チェーンの専門家がビジネス アプリケーションに対するリアルタイムの洞察を提供することで、サプライ チェーンの複雑さと予測不可能性を乗り越えるのに役立ちます。そうすることで、状況に応じた洞察を得ることができ、在庫管理、物流、将来の需要などに関して、より適切な意思決定をその場で下すことができます。

Reveal BI はサプライ チェーン データ管理をどのようにサポートできますか?

Revealデータの力を意思決定者の手にもたらし、意思決定者はリスクと機会を簡単に特定し、影響が生じた瞬間に行動できるようにします。これはセルフサービス ソフトウェアであるため、データのトレーニングを受けていないすべてのユーザーが、簡単かつ迅速に洞察を取得し、データを理解し、それを日常のワークフローに適用できることを意味します。

お問い合わせ

​こちらのリンクから都合の良い時間枠を選択してデモの予約が可能です。または、 以下のフォームにご連絡いただければ、デモのスケジュールを調整させていただきます。